食生活の工夫で簡単にきび予防

にきびを予防するためには、もちろん適切なスキンケアは欠かせませんが、それ以外に、食生活をちょっと意識することでもにきびのできにくい肌質を作ることができます。

そんな肌質を作るのに欠かせない栄養分を紹介します。
まずは「ビタミンA」です。

肌は、28日前後の周期で、新陳代謝を繰り返し、新しい細胞に生まれ変わって美しい肌を作ります。この周期を正常に行うのがビタミンAの役割です。


ビタミンAは、鶏レバーやホウレンソウに多く含まれています。
次に「ビタミンB群」です。


ビタミン2は、脂質の代謝を助けます。

皮脂の分泌を減らすことで、発症の原因となるアクネ菌の増殖を抑えることができます。
また、ビタミン6は、ターンーオーバーの周期を乱さないことに一役買っています。
さらに、にきび跡の色素沈着を予防する助けにもなります。


ビタミン2は、モツ、海苔(干し・味付け)、アーモンドに多く含まれ、ビタミン6はにんにくやマグロ、カブの漬物に多く含まれています。

さらに、「ビタミンC」は、言わずと知れた美肌成分です。

人には聞けない珍しいにきびの情報が詰まったサイトです。

丈夫で美しい肌を作り出します。

教えて!gooの役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

パプリカやブロッコリーなどの野菜に多く含まれています。



最後に、「ビタミンE」です。

ビタミンEは、ホルモンバランスをケアし、にきびのできにくい肌質を作り出します。
アーモンドやいくら、たらこなどに多く含まれています。

バランスのよい食事をすることが何よりも大切ですが、今あげた栄養分を意識して積極的に摂取することが、にきび予防につながっていくのです。